五臓(ごぞう)

中国医学でいう「五臓」とは、
1. 肝
血液を貯え、全身の正常な代謝を維持し、気・血の巡りをスムーズにする働きがあり、精神・情緒の安定、自律神経の働きもコントロールします。
2. 心
ポンプの作用で、血液を全身に循環させます。また精神・思考・意識活動をしていると考えられています。
3. 脾
食物を消化・吸収して全身に巡らせます。吸収した栄養分、水分は、気・血・津液のもととなり、内出血や生理過多などを起こさないようにします。
4. 肺
呼吸を行い、その呼吸によってすべての気が生み出されます。その気の働きによって体内の新陳代謝や水の流れを調節します。
5. 腎
生命エネルギーの源であり、水の代謝を調整します。また成長・発育・生殖・知能・老化・免疫の機能を持ちます。

五臓は、食べ物の五味(酸、苦、甘、辛、鹹)にそれぞれ対応しています。(図参照)
五味の偏りは、それぞれ関係ある期間(酸⇒肝、目、筋…)の働きを悪くすることが知られています。(⇒ 薬食同源

関連商品

  1. セ・サージクリーム

    「セ・サージ」は植物エキスを配合した保湿クリームです。サージは「生命の果実」と呼ばれ、中国では古くから健康食品として親しまれてきました。この天然成分を中心に、植物エキスを配合したのが、「セ・サージ」です。

  2. 涼解楽(りょうかいらく)

    「イスクラ涼解楽」は、レンギョウ、キンギンカ、レイヨウカクなど植物・動物10種類の生薬から構成されています。これらの原料より抽出したエキスを顆粒としたもので、かぜによるのどの痛み・口(のど)の渇き・せき・頭痛の改善を目的としています。

  3. ばんらんこん(板藍根)

    アブラナ科のホソバタイセイの根を乾燥したもの。インフルエンザ等ウイルス性疾患に効果が認められている。 板藍茶やのど飴とした製品がある。

  4. 薬食同源(やくしょくどうげん)

    「五味は、五臓を養う」とし、食事が体の健康維持に深いつながりがあるとされています。

  5. 麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)

    ニンジン、バクモンドウ、ゴミシの植物性生薬から抽出したエキスを顆粒としたもので、虚弱体質、肉体疲労、病中病後、胃腸虚弱、食欲不振、血色不良、冷え症、発育期の滋養強壮を目的とした製剤。

  6. 紅沙棘(ほんさーじ)

    沙棘の果実から、わずかしか採れないオイルを使用し、その沙棘果実のオイルには、不飽和脂肪酸やカロテノイドが含まれています。オイル自体の深い紅色は、β‐クリプトキサンチンを主体としたカロテノイド色素が由来となっています。

ページ上部へ戻る