五味(ごみ)

中医学では、食物をその働きによって五味に分類しています。五臓を養う五味は過不足になると逆にその五臓を悪くしてしまいます。

1. 酸味
肝を養う。肝は、目、爪に反映する。肝は、血を貯え、血流量をコントロールし、また精神の調整をはかる。酸味はものをひきしめ、収斂する作用がある。

2. 苦味
心を養う。心は、舌、顔色に反映する。心は、血のポンプで、精神、意識、試錐(考えること)の活動をする。

3. 甘味
脾を養う。脾は、口に反映する。脾は、消化吸収や栄養物、水分を全身に運ぶ、統血する。甘味は調和、補う作用がある。

4. 辛味
肺を養う。肺は、皮、毛、鼻に反映する。肺は、呼吸によって「気」の生成に関わる。全身の様々な機能を発現する。辛味は、発散する作用と循環をよくし、温める作用がある。

5. 鹹(かん)味
腎を養う。腎は、耳と二陰(前陰を生殖器・尿道、後陰を肛門)に反映する。腎は、生長、発育、生殖、知能、老化に関わり、体液の代謝を調整する。鹹味は、ものを和らげ、潤す作用がある。

関連商品

  1. 紅沙棘(ほんさーじ)

    沙棘の果実から、わずかしか採れないオイルを使用し、その沙棘果実のオイルには、不飽和脂肪酸やカロテノイドが含まれています。オイル自体の深い紅色は、β‐クリプトキサンチンを主体としたカロテノイド色素が由来となっています。

  2. 健胃顆粒(けんいかりゅう)

    トウジン、シュクシャなど8種類の植物性生薬から抽出したエキスを顆粒にしたもので、比較的体力がなく、胃腸の働きの弱い方の胃炎、胃腸虚弱、胃痛、腹痛、食欲不振、胃部不快感、腹部膨満感、悪心、下痢の改善を目的としています。

  3. 気・血・津液(しんえき:水)

  4. 五行草茶(ごぎょうそうちゃ)

    スベリヒユは、日本では、ウマヒユやヒョウの名でも呼ばれています。茎が赤、葉が緑、花が黄、根が白、種子が黒いことから中国では五行草とも呼ばれ、健康維持のために大切な食材として人々に親しまれてきました。このスベリヒユを手軽に摂れるようにしたのが「五行草茶」です。

  5. 麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)

    ニンジン、バクモンドウ、ゴミシの植物性生薬から抽出したエキスを顆粒としたもので、虚弱体質、肉体疲労、病中病後、胃腸虚弱、食欲不振、血色不良、冷え症、発育期の滋養強壮を目的とした製剤。

  6. ばんらんこん(板藍根)

    アブラナ科のホソバタイセイの根を乾燥したもの。インフルエンザ等ウイルス性疾患に効果が認められている。 板藍茶やのど飴とした製品がある。


ページ上部へ戻る